石切職人の話

こんにちは、ZOOMYです!


人に勧められた本を読んでいて、ある寓話を見つけました。
とても深い内容だったので、ご紹介しようと思います!




『石切職人の話』


ある日、旅人が道を歩いていると、
ひどく疲れた様子の石切職人がいた。
「何をしているのですか?」
と旅人は尋ねた。
石切職人が不機嫌そうに答えた。
「見ればわかるだろう。石を切り出しているんだ。生活のためだから仕方ない」


旅人はまた歩き始めた。
今度は、元気に働いている石切職人と出会った。
「何をしているのですか?」
と旅人は尋ねた。
「教会を造るために石を切り出しているんです」
と石切職人は答えた。


その先を歩いて行くと、
今度は顔を輝かせて働いている石切職人がいた。
「何をしているのですか?」
と尋ねると、彼は答えた。
「教会の石を切り出しているんです。みんなが心安らかでいられるように」




いかがだったでしょうか?
これは、仕事の意味とやりがいについての寓話です。
この話を読んで、僕は気づいたことがあります。


僕はビデオグラファーとして、撮影や編集をしています。
それがただ生活のためだったら、
最初の石切職人のように不機嫌そうにしているでしょう。
撮影・編集って、
一般に思われている何倍以上もの労力がかかっていますから。
作業だけを考えると、結構辛いものがあります。


しかし、僕が今、
3番目の石切職人のように
顔を輝かせながら働いているのはなぜでしょうか?
もし寓話のように、
「何をしているんですか?」
と聞かれたら、僕はこう答えます。


「ご家族のドキュメンタリーを撮っているんです。みんなが心安らかでいられるように」


僕が仕事にやりがいを感じているのは、
ただ撮影・編集が楽しいからではありません。
作品を残すことによって、
あなたの心に平穏と安らぎを与えられるからです。
この寓話を読んで、僕はそれに気づきました。


どんな職業にも応用可能な概念ですので、
あなたもご自分に当てはめて考えてみてください!
もし、今の仕事をつまらないと思っているなら、
解決の糸口が見つかるかもしれません。



PS.
ご紹介した本の著者は犬飼ターボさん。
タイトルは『仕事は輝く』です。
とても読みやすく、示唆に富んでいました。
僕は一人の著者の本をとことん読むタイプなので、
しばらくこの人の本にはまりそうです^^


ZOOMY

ビデオグラファー&フォトグラファー/個人による個人のための映像を作りたい。そんな想いからZOOMY VIDEO はスタートしました。TV・映画に代表される「大量消費型」映像ではなく、あなただけのオーダーメイド映像を、ZOOMYこと吉栖正明が1本1本まごころこめて制作します。twitter→@zoomy_aki


今しか撮影できない赤ちゃんの姿を、プロのムービーで残しませんか?ご自宅で撮影できますので、生後間もない赤ちゃんや、育児に追われるご両親も安心して撮影に臨めます。



ファミリームービーとは、家族が主役のドキュメンタリーです。お子様へ、そしてご家族へ、普段は言えない大切な感謝の気持ちを伝えませんか?プロのクリエイターが、一生の宝物となる映像を作ります。



あなたの情熱大陸を作りませんか?ピアノ教室・英語塾など、個人教室を応援するプロモーション映像制作サービスです。YouTubeを使った集客方法やコツ・アイデアを、初心者にもわかりやすくご指導します。



0コメント

  • 1000 / 1000