ZOOMY VIDEOは結局何がしたいわけ?

起業して早一ヶ月。
ハイハイばかりだった息子は、だんだん立ち上がるようになってきました。
僕も、ビジネスのことは右も左もわからないままスタートしましたが、
あちこちにぶつかったり転んだりしながら、いろいろな人々の助けをお借りして、
一歩一歩なんとか前進しています。
息子の成長スピードに負けていられません!


今回は、これまで僕がどういう思いで作品を制作してきたか、
そして、これからどんな作品を作って、どう自分も成長していきたいかをお話ししたいと思います。


僕の目指すプロジェクトに一人でも共感し、賛同してくださる方がいれば、
表現者としてとても心強く思います。


僕は、2013年から2015年にかけて、ある密着音楽番組のディレクターをしていました。
(その時作った作品については、こちらの記事を御覧ください→「これまで密着取材した人たち」
2年間で約200本の短編音楽ドキュメンタリーを制作しました。
台本や筋書きはありません。ガチンコのドキュメンタリーです。
基本的に僕がひとりでカメラを回しながら、取材から編集までするスタイルで作られました。
取材対象は新人アーティストが大半でした。
テレビは初めて、インタビューなんて話したこともないというのが日常茶飯事でした。
かくいう僕もディレクターとして駆け出しだったので、最初はとても戸惑ったのを覚えています。
しかし、千本ノックのようにロケをしていくうちに、僕のインタビュースキルは自然と高まっていきました。
ひとりでライブハウスに出かけて行き、カメラを通して何百人ものアーティストと対峙する日々が続きました。
かなり無茶なスケジュールで制作していたので、二徹三徹もザラ。
ロケと編集で、新婚なのにほとんど帰れませんでした。
けれどもそれは、僕の人生において、初めて経験する驚きと発見に満ちた日々でもありました。
そしていつしか、その驚きや発見を作品として完成させることが、この上ない喜びになっていました。
僕が今の事業・ZOOMY VIDEOを立ち上げたのは、この番組で感じた経験が非常に大きいです。


ところで、僕はもともとドラマ畑の人間でした。
助監督という職業はご存知でしょうか?
いつか監督になって、映画を撮るんだというつもりでこの業界に入ったのです。
その思いは今も変わりません。
ドラマを志したのは、ドラマなら「真実の瞬間」を表現出来ると思ったからです。
人類の普遍的な価値を、映像作品として提示したかったのです。
そして、一見矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、
《フィクションの中でしか真実は描けない》と思っていました。(その理由は後述します)
けれども、今の日本のドラマ制作環境では、様々な要因によりそれを達成することが難しいとも感じていました。


しかし、ひょんなことからドキュメンタリーのディレクターになり、
何百人もの新人アーティストと触れ合い、取材していくうちに、
ノンフィクションの方がより「真実の瞬間」に近づけるのではないかという可能性を感じるようになりました。
まだデジタルビデオカメラが今ほど手軽ではなかった時代、
ドキュメンタリーは複数人チームで取材することが一般的でした。
そのため、人間の本当にプライベートな空間までカメラが入っていくのは、ドキュメンタリーでもかなり難しいことでした。
これが、ノンフィクションではなく、フィクションでしか真実を描けないと僕が考えていた理由のひとつです。
しかしここ数年の、デジタル一眼レフカメラの台頭に代表されるビデオカメラの発展により、
状況は劇的に変化しました。
フィルムにも全く見劣りしない画質で、たったひとりで長時間取材対象に向き合うことが可能になったのです。
ドキュメンタリー、とりわけ「密着取材」という手法には今、豊かで大きな可能性が開かれています。
そして、実際に僕は取材する中で、ドキュメンタリーはドラマよりももっとドラマティックな瞬間がある、
という場面に何度も立ち会ってきました。


【ドキュメンタリーを通じて、様々な人生をより魅力的に伝えたい】


作品が完成した時、取材相手から「ありがとう」と言われることがよくあります。
取材されることによって、考えがより明確になったり、
今まで気づかなかった自分の長所に気づいて、より自信が深まったりするそうです。
またある人からは、「これは自分の葬式で流していいレベル」とお褒めの言葉をいただきました。


僕はこれまでいわゆる芸能人ばかりを撮ってきましたが、
一般の方々にも是非この体験を味わっていただきたいと思いました。
そして、みなさんと一緒に「真実の瞬間」を見つけ、僕も表現者としてより成長したいと思いました。

そこで、ZOOMY VIDEOとして、
《あなたを密着取材し作品にする》というプロジェクトを始めました。

あなたの日常や、人生におけるイベントの裏側に密着して、
今考えていることや、これからどのように生きていきたいかを取材させてもらえないでしょうか?

個人だけではなく、チームを撮ることもできます。
例えば、あなたのチームが大きなプロジェクトに立ち向かう姿を思い浮かべてみてください。
その裏側には、きっと数々のドラマが生まれるはずです。


「自分にはそんなビデオは必要ない」そう考える方が現時点では大半だと思います。
けれども、考えてみてください。
あなたの人生は一回だけ。あなたに今流れる時間は今しか記録できません。

撮影対象にはあなただけでなく、あなたの両親やおじいちゃんおばあちゃん、大切な人たちも含まれます。
数年後には、その人たちが病気や事故、止むに止まれぬ事情でいなくなっているかも知れません。
僕は昨年、祖父を病気で亡くしました。
祖父が一体何を考えて生き、僕たちに何を伝えたかったのか、今となっては知る術はありません。
普通に生活している中では、照れくさくてなかなか聞けないこともあります。
面倒でも、カメラを向けて改まって色々質問しておけば良かったと後悔しています。
おしゃべりな人だったので、撮ってあげれば祖父も喜んでくれた気がします。


また、「密着取材をされるなんて大変だ」というイメージを持たれる方がいるかも知れませんが、ご安心ください。
取材対象者は、普段通りの生活をしていただくだけで構いません。
その現場に僕がひとりカメラを持って行きます。
決して邪魔にはなりません。
高性能ですが小さな一眼レフカメラを使っているので、
周りの人々は撮影をしていることにすらあまり気づきません。
気づいたとしても写真を撮っているのかなと勘違いされます。
撮影して欲しくない場面があれば、その場で言っていただければ撮影しません。
あくまで僕は、皆さんを魅力的に撮りたいと考えています。
マイナスイメージになるようなことは絶対ありません。


中には、「自分は撮影される価値なんてない人間だ」とお考えの方もいるかも知れません。
そんなことはありません。
もし撮影されたくないなら、その理由を考えてみてください。
その理由こそが、僕やその他大勢の人々があなたに興味を持ったり、好きになるきっかけになるかも知れません。
どんな人間にも必ず、愛されるべきポイントがあります。
僕は必ずそれを見つけ出し、作品として昇華します。
取材が終わり作品が完成した時、あなたが今とは少し違う風に世界を見れたり、
今より少しハッピーな気持ちで毎日を過ごせるようになることをお約束します。


完成した作品は、あなたやご家族だけの宝物にしてもいいですし、
こちらでウェブサイトにアップロードすることもできます。
お仕事でのプロモーションツールとしても大いに活用できるはずです。


また、アップロードした作品は、当サイトで削除しない限り、
デジタル空間で半永久的にデータとして残るでしょう。
あなたの姿が、子供や孫、そのさらに何世代先にも渡って生き続けるのです。
僕は、今の時代を一緒に生きているみなさんを、一人でも多く後世に伝えていきたいと考えています。
有名人の話だけが後世に残るのって、何かちょっと違う気がします。
普通の人々の普通の生活の中にこそ、語るべき普遍的な真実があると思うのです。
その瞬間を見つけ出し、作品として価値を持たせることに、僕は生きがいを感じています。


ここまでお読みいただいて本当にありがとうございました。
少しでも共感していただける部分があったなら、表現者としてこれ以上の励みはありません。


もしあなたが、このプロジェクトに共感したり、「撮影してもらってもいいかな」と感じたなら、
是非今すぐ下記メールアドレスまでご連絡ください。
どういう部分に共感されたのか、どんな場面を撮影して欲しいと思っているのか、
とても興味があります。
ほんの些細なことでも構いません。
僕と一緒に、まだ見ぬ新しい価値を生み出しませんか?


ZOOMY VIDEO代表 吉栖 正明

MAIL/info@zoomy-video.com


ZOOMY

ビデオグラファー&フォトグラファー/個人による個人のための映像を作りたい。そんな想いからZOOMY VIDEO はスタートしました。TV・映画に代表される「大量消費型」映像ではなく、あなただけのオーダーメイド映像を、ZOOMYこと吉栖正明が1本1本まごころこめて制作します。twitter→@zoomy_aki


今しか撮影できない赤ちゃんの姿を、プロのムービーで残しませんか?ご自宅で撮影できますので、生後間もない赤ちゃんや、育児に追われるご両親も安心して撮影に臨めます。



ファミリームービーとは、家族が主役のドキュメンタリーです。お子様へ、そしてご家族へ、普段は言えない大切な感謝の気持ちを伝えませんか?プロのクリエイターが、一生の宝物となる映像を作ります。



あなたの情熱大陸を作りませんか?ピアノ教室・英語塾など、個人教室を応援するプロモーション映像制作サービスです。YouTubeを使った集客方法やコツ・アイデアを、初心者にもわかりやすくご指導します。



0コメント

  • 1000 / 1000