「毎日写真」のワセリコロボット

昔通っていた専門学校で、「毎日写真」という授業がありました。

今から10年くらい前です。

確か、毎日フィルム1本分(24枚)を1ヶ月間撮影するという内容でした。

フィルムカメラを買ったばかりの頃でした。

Canonの中古カメラで、35mmレンズを使っていました。


なぜこんなことを書くかというと、当時の写真が出てきたからです。

僕は早稲田大学4年生で、夜間の映像学校にダブルスクールしていました。

昼間は理工学部のカフェテリアで食事しました。

所属していたバンドサークルの溜まり場になっていたのです。


そして、これが「毎日写真」で撮ったカフェテリアのおばちゃんです。

この真ん中のおばちゃんはすごいんです。

長年カツコーナーにいるおばちゃんなのですが、

とにかく、カツを切るスピードと正確さが尋常じゃありません。

一言でいうと、人間離れしていました。

さらに、手の皮が分厚くなってしまったのか、

油から揚げたカツをそのまま素手で扱っていました。

おばちゃんは理工学部で作られたロボットだという噂があったほどです。


僕はこのおばちゃんを見るために、

よくカツを食べていたのはもちろんなのですが、

おばちゃんが好きすぎて、

おばちゃんが出てくる小説まで書いてしまったことがあります。

(興味がある方はメール下さい。こっそり差し上げます)


僕がこれから撮りたいのは、こういう人たちなのです。


普通の人。

寡黙な人。

シャイな人。

有名じゃない人。

テレビ向きじゃない人。

人、人、人。


そういう人たちの日常の中で、カメラを通して何かを発見したい。


「毎日写真」ならぬ「毎日ドキュメンタリー」的な企画を、

現在練りに練り上げております。


毎日、誰かを撮影し、編集し、公開する。


そんなサイクルを作ろうと思っています。

もうちょっとお待ちくださいね。


ZOOMY

ビデオグラファー&フォトグラファー/個人による個人のための映像を作りたい。そんな想いからZOOMY VIDEO はスタートしました。TV・映画に代表される「大量消費型」映像ではなく、あなただけのオーダーメイド映像を、ZOOMYこと吉栖正明が1本1本まごころこめて制作します。twitter→@zoomy_aki


今しか撮影できない赤ちゃんの姿を、プロのムービーで残しませんか?ご自宅で撮影できますので、生後間もない赤ちゃんや、育児に追われるご両親も安心して撮影に臨めます。



ファミリームービーとは、家族が主役のドキュメンタリーです。お子様へ、そしてご家族へ、普段は言えない大切な感謝の気持ちを伝えませんか?プロのクリエイターが、一生の宝物となる映像を作ります。



あなたの情熱大陸を作りませんか?ピアノ教室・英語塾など、個人教室を応援するプロモーション映像制作サービスです。YouTubeを使った集客方法やコツ・アイデアを、初心者にもわかりやすくご指導します。



0コメント

  • 1000 / 1000