お宮参りで撮影許可は必要か?(7/22追記)

こんにちは、ZOOMYです!
先日、知り合いの出張カメラマン(写真)がお宮参りを撮影に行きました。
しかし、神社ともめてしまい、みんなの1日が台無しになってしまったそうです。
事前に撮影許可を取っておけばそんなことにはならなかったのですが・・・
では、撮影許可が必要なのは一体どんな時なのでしょうか?



答え:ケースバイケース

この判断が難しいのです。
経験が一番ものを言うところです。
知り合いのカメラマンは、その判断を誤ってしまったのでした。
出張カメラマンの仕事は、基本的にプライベートを密着撮影することです。
私的撮影で、公共の場所を占有しない場合、基本的に撮影許可は必要ありません。
もっと具体的にいうと、三脚やレフ板を使用したり、大人数のスタッフで撮影したり、
人止めをしない限り、ふつう撮影許可はいりません。
要は、常識の範囲内で人の迷惑にならなければいいのです。
あなたは家族旅行した時に、いちいち撮影許可なんてとったことありますか?
おそらくないはずです。
出張カメラマンは、その日1日家族の一員として扱ってもらえれば、
本当は撮影許可なんていらないのです。


しかし、それでもやはり撮影許可が必要な場面はあります。
撮影の準備段階で必要だとわかる場合もありますし、
撮影中に周りの空気を肌で感じ取る場合もあります。
全ては出張カメラマンの経験と感覚にかかっています。


ZOOMY VIDEOでは、事前に撮影場所を全てリサーチして、
撮影許可が必要かどうかを判断しています。
せっかくの撮影が台無しにならないよう、万全の準備をしています。
もしあなたが出張カメラマンを選ぶ際は、
「撮影許可はどうしますか?」
と聞いてみてください。
その答えで、カメラマンのレベルがわかります。




【7/22追記】
テレビ業界の裏側と家族愛を描いたノンフィクション小説を出版しました。

僕の助監督&ドキュメンタリーディレクター時代の話を書きました。
おかげさまで、Kindleランキングのエンターテイメント部門で4位を獲得しました。
期間限定で、この電子書籍をブログ読者さんに無料プレゼントしています!
お申し込みはこちら


ZOOMY

ビデオグラファー&フォトグラファー/個人による個人のための映像を作りたい。そんな想いからZOOMY VIDEO はスタートしました。TV・映画に代表される「大量消費型」映像ではなく、あなただけのオーダーメイド映像を、ZOOMYこと吉栖正明が1本1本まごころこめて制作します。twitter→@zoomy_aki


今しか撮影できない赤ちゃんの姿を、プロのムービーで残しませんか?ご自宅で撮影できますので、生後間もない赤ちゃんや、育児に追われるご両親も安心して撮影に臨めます。



ファミリームービーとは、家族が主役のドキュメンタリーです。お子様へ、そしてご家族へ、普段は言えない大切な感謝の気持ちを伝えませんか?プロのクリエイターが、一生の宝物となる映像を作ります。



あなたの情熱大陸を作りませんか?ピアノ教室・英語塾など、個人教室を応援するプロモーション映像制作サービスです。YouTubeを使った集客方法やコツ・アイデアを、初心者にもわかりやすくご指導します。



0コメント

  • 1000 / 1000