カメラマンのいらない世界

こんにちは、ZOOMYです!
映像だけでなく写真も撮り始めたため、最近フォトグラファーの方々との交流が増えてきました。


先日も、新宿でとある懇親会に参加してきました。
集まったのは、マタニティフォト関係者、赤ちゃんのお昼寝アート写真を撮っている方、料理写真家、こども写真館のカメラマンなど様々です。


全員初対面な上、映像メインの自分は絶対場違いだろうなーと思っていると、もうひとり映像制作者のAさんが参加されていました。
Aさんはブライダル出身で、僕と同じく、家族の映像を撮影されています。
すごく気さくな方で助かりました(>_<)
後でウェブサイトを見ると、やろうとしている方向性が僕とほとんど同じでした。
世の中には変わった人もいるものです。笑
Aさんと一緒にファミリームービー業界を盛り上げていきたいですね。

さて、お酒好きなAさんがいたおかげで、僕も写真カメラマンだらけの懇親会に馴染むことができました。


写真業界の裏話をいろいろ聞けましたが、一番面白かったのは
「将来的に商業カメラマンは必要なくなるのではないか?」という話です。
プロのスチールカメラマンたちも不安なんですよ、やっぱり。
技術の進歩で、誰でもきれいな写真が撮れるようになったからですね。


海外では写真のオートメーション化が進んでいるそうです。
通販サイトでは、商品写真を自動でいろいろな角度から撮影するシステムが主流になってきています。
つまり、今まで商品写真を撮っていたカメラマンはご飯が食べられなくなります。
日本は海外から5年遅れているらしいので、5年後にはかなり自動化が進んでいることでしょう。


さらに、自動化の波は写真館にもやってくるそうです。
今はカメラマンが1枚1枚手動で撮影していますが、数年後には、カメラマンなしで一度に何台ものカメラが撮影し、よく撮れた写真を勝手に選んでくれるシステムができているかもしれません。
遅かれ早かれ、たぶんそうなります。
お客さんにとっては、費用も抑えられるだろうしいいことだと思いますが、カメラマンにとっては・・・
想像すると、ちょっと怖いです。
テレビドラマの仕事をしていた時も感じましたが、技術の進歩のせいで、自分の将来歩もうとする道の真ん中にぽっかり大きな穴が空いているような感覚です。
まあ、どうあがいても今後「労働」は減る一方なので、僕はベーシックインカム賛成論者です。


自分の子供が大人になる頃には、いったいどんな世の中になっているんでしょうね。
親として、子に何を伝え、何を残すか。
いつも考えています。



PS.

テレビ業界の裏側と家族愛を描いたノンフィクション小説を出版しました。

僕の助監督&ドキュメンタリーディレクター時代の話を書きました。
おかげさまで、Kindleランキングのエンターテイメント部門で4位を獲得しました。
期間限定で、この電子書籍をブログ読者さんに無料プレゼントしています!
お申し込みはこちら


ZOOMY

ビデオグラファー&フォトグラファー/個人による個人のための映像を作りたい。そんな想いからZOOMY VIDEO はスタートしました。TV・映画に代表される「大量消費型」映像ではなく、あなただけのオーダーメイド映像を、ZOOMYこと吉栖正明が1本1本まごころこめて制作します。twitter→@zoomy_aki


今しか撮影できない赤ちゃんの姿を、プロのムービーで残しませんか?ご自宅で撮影できますので、生後間もない赤ちゃんや、育児に追われるご両親も安心して撮影に臨めます。



ファミリームービーとは、家族が主役のドキュメンタリーです。お子様へ、そしてご家族へ、普段は言えない大切な感謝の気持ちを伝えませんか?プロのクリエイターが、一生の宝物となる映像を作ります。



あなたの情熱大陸を作りませんか?ピアノ教室・英語塾など、個人教室を応援するプロモーション映像制作サービスです。YouTubeを使った集客方法やコツ・アイデアを、初心者にもわかりやすくご指導します。



0コメント

  • 1000 / 1000