1歳のプレゼントは誕生日ムービー!?

こんにちは、ZOOMYです!
今日はファミリームービーの新しいサンプル動画を公開します。


1歳の女の子のために、一生大事にしてもらえるような映像を作りました。
大げさかもしれないですが、本当です^^

これは、もうすぐ一歳になる娘さんの誕生日を記念したムービーです。
3月に新宿のイセタンダイニングでママさんと打ち合わせた時に、
「かわいい娘の成長記録を映像で残したい!」ということになりました。


【関連記事】新宿で子連れのオアシス発見!


そのママさんは、写真への意識がかなり高い方なので、
今まで、プロのカメラマンに写真を撮ってもらうことはたくさんありましたが、
映像を撮影してもらうことはなかったそうです。
(普通そうだと思います)


余談ですが、先日フォトグラファーの方々と飲んだ時に、
「最近よく映像を撮ってくれと頼まれるんだ〜」と言っていました。
一眼ムービーが流行っているかららしいです。
でも、使っている機材は同じ一眼レフに見えても、
写真と映像ではやっていることが全然違います。
そのため、気軽にお願いされても戸惑ってしまうと言ってました。
特に、映像編集をお願いされると困るそうです。
そういえば、
写真館でスライドショームービーをプレゼントするサービスが出てきていますが、
映像編集マンの目から見ると、、、^^;
あと、「マイク持ってないし」ってその人は言ってました。笑
フォトグラファーも大変ですね。




さて、1歳のバースデープレゼントの定番といえば何でしょう?
絵本、靴、靴下、パジャマ、ぬいぐるみ、積み木、知育玩具などが人気です。
割と実用的なものが好まれる印象ですね。


僕は、そこに「ムービー」という選択肢が加わるといいなーと思っています。


自分で言うのもなんですが、僕が作るムービーはさほど実用的ではありません。笑
活躍する場面といえば、家族や親戚が集まった時に見返す、というくらいでしょうか。
年に何十回も見る機会があるとは思えません。
でも、だからこそ「残す価値」があるのだと思います。


おもちゃは赤ちゃん期しか遊ぶことができません。
そういうおもちゃを子供にプレゼントするのもいいですが、
どうせなら「一生」大切にしてもらえる贈り物がよくないですか?


ZOOMY VIDEOのファミリームービーは、子供のときよりも、
子供が大人になったときに本当の価値を発揮します。
その価値は、年月がたてばたつほど増していきます。


今回女の子のために作ったのは、24分間の映像です。


前半の10分間は、パパ、ママ、娘さんの3人で近所の公園に行ったり、
手形・足形をとったり、お昼ご飯を食べたりするシーンです。
よちよち歩きの赤ちゃんがパパに甘えたり、
何かしゃべったりする光景は第三者から見てもかなりかわいいです。
(パパ、ママは完全にメロメロでした)


そして後半は、両親が出会ってから赤ちゃんが生まれてくるまでのストーリーを、
インタビュー形式で語っていただきました。



あなたは、自分の両親がどんな風に出会い、何を考えて結婚し、
出産のときどんな出来事があったのか知っていますか?



今回撮影していちばん印象的だったのは、
「お医者さんから、生まれてくる子はダウン症かもしれないと言われた」
とお母さんが告白した場面です。
「産むか産まないか考えてきてください」
とまで言われたそうです。
けれども、
「どんな子が生まれてきても育てよう」
と夫婦で決意し、結果的に超健康優良児が生まれてきてくれました。


出産も壮絶だったらしく、生まれてくるまで何十時間もかかり、
立ち会っていたお母さんは「見ていられない」と部屋を出て行ってしまったとか。
最終的に鉗子分娩だったそうです。
なまなましい臨場感とともにそんなストーリーを語れるのも、
出産の記憶が新しい今だからこそですよね。


また、サンプルでは、インタビューの最後に必ず質問する
「どんな子に育って欲しいか」
というご両親から愛娘へのメッセージをお見せしています。



1歳の女の子が二十歳になっても、おばあちゃんになっても、
一生見返してもらえるようなムービーになっていたらうれしいです。



母から娘へのメッセージ【YouTube】



PS.
今回のご夫婦は、結婚式でプロフィールビデオを作らなかったそうです。
そのためエンドロールは、
写真・映像を組み合わせたプロフィールビデオっぽい映像に仕上げました。
二人の馴れ初めから結婚、出産、
そして赤ちゃんの成長までが一連のストーリーとしてつながると、
プロフィールビデオとは違った格別な感動があります。
特に、偶然スマホで撮影したという女の子が初めて歩いたシーンは、
家族にとって宝物でしょう。
DVDは、両家のご実家へもプレゼントされるそうです。
お祖父ちゃん、お祖母ちゃんにも喜んでいただけるといいな^^



PPS.
ご主人が顔出しNGだったため、
サンプルムービーのためにお面をつくってもらいましたw
ご協力ありがとうございました!


ZOOMY

ビデオグラファー&フォトグラファー/個人による個人のための映像を作りたい。そんな想いからZOOMY VIDEO はスタートしました。TV・映画に代表される「大量消費型」映像ではなく、あなただけのオーダーメイド映像を、ZOOMYこと吉栖正明が1本1本まごころこめて制作します。twitter→@zoomy_aki


今しか撮影できない赤ちゃんの姿を、プロのムービーで残しませんか?ご自宅で撮影できますので、生後間もない赤ちゃんや、育児に追われるご両親も安心して撮影に臨めます。



ファミリームービーとは、家族が主役のドキュメンタリーです。お子様へ、そしてご家族へ、普段は言えない大切な感謝の気持ちを伝えませんか?プロのクリエイターが、一生の宝物となる映像を作ります。



あなたの情熱大陸を作りませんか?ピアノ教室・英語塾など、個人教室を応援するプロモーション映像制作サービスです。YouTubeを使った集客方法やコツ・アイデアを、初心者にもわかりやすくご指導します。



2コメント

  • 1000 / 1000

  • ZOOMY

    2016.06.25 00:44

    @片貝裕明ありがとうございます! 親の愛って子供にはわからないですよね。 僕も、いまだに親には素直にできないですが(笑)、 孫の元気な顔を見せるのが親孝行かと思っています。
  • 片貝裕明

    2016.06.22 09:06

    子供って両親にどれだけ愛されて迎えられ育てられたか、わからなかったりしますよね。 というか、私は、そういう親不孝な子供でした。 まぁ、その寂しさから生まれてきたものもあるにはありますが。 寂しくなったら思い出を引っ張りだして、自信を取り戻したりしてたもんです。